事前の検査が最悪の事態を防ぐ│脳梗塞に気をつけよう

Hospital

関西で脳検査をする

Woman

脳の血管まで分かります

脳ドックにおいて一番重要な検査は、MRIとMRA検査です。これらの検査は、一般の健康診断や人間ドックでは分からない脳の実質の状態や脳の血管の状態が詳しく分かる検査です。MRI検査では、脳の実質の状態が分かります。そのため、脳に腫瘍がある場合には、この検査でそれを確認することができます。MRA検査では、脳の血管の状態が分かります。脳卒中とは脳出血や脳梗塞のことを指しますが、この検査はまさに脳卒中のための検査といえます。脳の血管の状態が分かるので、脳出血の可能性のある動脈瘤を見つけたり、脳の一部が太くなって血流が悪くなっているアテロームを見つけたりできます。これにより、血管が破れないような、アテロームから出血が起こらないような治療が開始できます。

自分にあった病院で受ける

京都において脳ドックを受けようとする場合、ほとんどの方は京都市内で検査を受けることになります。市外でも脳ドックを受けられる場所はありますが、大抵の病院が京都市内に集中しています。また、京都の病院やクリニックごとに状況がことなっていて、人間ドックの一環としてオプションで脳ドックが受けられるという場合もあれば、脳ドックのみを専門に行い医師の配置が厚い病院もあります。それぞれに人気があり、日帰りで終わる検査を受ける人もいれば、連休を利用して検査を受ける人もいます。脳ドックは、脳の疾患の有無や脳血管の状態、脳実質の状態を様々な医療機器を使って検査します。そのため、単に疾患の発見だけでなく、今後の生活上でどのような予防をすればよいかも分かってきます。これが脳ドックが人気を集める理由です。