事前の検査が最悪の事態を防ぐ│脳梗塞に気をつけよう

Doctors

知っておこう、脳血管の病

Man

前兆をおさえよう

脳梗塞の発症は、日常生活の送り方を変えることで予防できる可能性が高まります。脳梗塞が発症してしまうと、予後は一般に良いものではないため、発症前の対策がこの疾患の肝になってきます。脳梗塞を予防するには、血管が硬化することを予防する必要があります。血管は硬化すると、破れやすくなり血栓を作りやすくなります。この血栓でラクナ梗塞などが発症するため、日常生活の中で血管の硬化を予防することが重要です。血管が硬化するのは、老化や更年期障害以外だと血糖値の上昇が考えられます。いわゆる糖尿病の高血糖の状態です。高血糖の状態のとき、人間の血管は炎症を起こして硬くなっていきます。糖尿病は、高カロリーな食事と運動不足が主な原因のため、それを改善することが脳梗塞の発症を予防することにつながります。

生活を改善する

脳梗塞は脳血管が詰まることによって起こる疾患で、発症から時間がかかるほど致死率が上昇していきます。そのため、早期に脳梗塞の前兆をとらえて治療を開始することが重要です。脳梗塞の前兆としては、一過性脳虚血発作が有名でTIAと略します。脳梗塞は発症してから治療するよりも、一過性脳虚血発作の時に治療するほうが、予後が極めて良好です。具体的な症状の味方があり、顔と腕と言葉を見ることが大切です。この三か所にしびれや麻痺などが出現した場合には、すぐに病院を受診する必要があります。早期発見にはもう一つ重要なことがあって、TIAの症状は、他の脳疾患や神経疾患などでも出現するということです。腰痛の原因になる脊柱管狭窄症でも片足のしびれは出ます。このような他疾患との区別をするために、事前に脳血管の検査をしておくことが重要です。脳梗塞の可能性が高い場合には、症状が出現したら脳神経外科を選択することが大切です。

脳に悪性腫瘍ができた時は

患者

脳腫瘍は脳に出できる悪性腫瘍で、頭痛や吐き気、嘔吐が主な自覚症状ですが、できる部位によって多少の違いがあります。治療方法は手術、化学療法、放射線療法や免疫療法があり、手術だけで難しい時は他の治療方法が用いられます。特に放射線療法は効果があり、また免疫療法も、副作用が少ないため最近注目されています。

詳細へ

関西で脳検査をする

Woman

脳ドックの検査ではMRIやMRAが、脳の実質と血管の状態が分かる重要な検査である。京都の脳ドックはほとんどが市内で受けることになる。病院ごとに検査日数などが異なるので、自分に合った脳ドックが選択でき人気となっている。

詳細へ

珍しい病気ではない

自然

脳の中の動脈に瘤ができる脳動脈瘤は瘤が破裂すると、くも膜下出血を引き起こし生死にかかわる病気です。日本でも、くも膜下出血を起こしている人が増加傾向にあります。原因は遺伝によるものと喫煙や飲酒によるものがあります。瘤が大きいときは外科的治療を行います。

詳細へ